手書き風

鉛筆タッチにより手書き風のパンフレット制作

鉛筆で描く線と言うのは、筆圧に応じて様々魅力を作り出すことが出来ます。
細い線は優しさを伝え、太い線は迫力を伝えると言った特徴が在りますが、パンフレット制作で温もりや優しさを伝えたい、迫力を持つイラストを作りたい時など、鉛筆で描いたようなイラストを利用する事で、パンフレットを見る人に対し、何を伝えたいのかを知らせる工夫を行う事も出来ます。
また、文字についても鉛筆で書かれたような書体を利用する事で、伝えたいメッセージを見る人に伝えやすくすると言ったメリットも在ります。
因みに、ダイレクトメールなどでも宛名やメッセージなど、パソコンを使って印字を行うよりも、手書きで描かれている方が開封率が高いとも言われています。
但し、ダイレクトメールは一度に数千部もの郵便物を発送する事になるため、手書きで行うのには無理が生じてしまいます。

パソコンにインストールされている書体の中に、手書き風のフォントが在れば、それを利用して印字を行う事で、広告物を目にする人に対し、温もりなどを伝えることが出来る事からも効果的であり、パンフレット制作においても同じことが言えます。
会社案内や学校案内と言ったパンフレット制作は会社や学校の事を知って貰う目的で制作を行う印刷物であり、全体的なイメージを柔らかく表現したい場合など、手書き風の書体を活用したり、鉛筆タッチで描かれたイラストを製作してパンフレットに利用する事でイメージを柔らかくさせることが可能になるなど、デザインを考えることがパンフレット制作では大切な事です。

文章だけで説明を行ったり、案内を行うだけではなく、文章を補う目的でイラストや写真と言った素材を活用する事で、文章を読みながらイラストや写真を見て、学校や会社の魅力などを知る事が出来るようになります。
尚、パンフレット制作では読み手が解りやすく説明を行う事が大切で、文章を読んだ時に文字だけでは十分な説明が作れない事も在ります。
このような時に、イラストや写真を併記し、文章だけでは説明が難しい部分についての説明を目で見て解るように表現をします。
また、この説明の中に温もりや迫力と言ったものを取り入れたい時などは、イラストを作成する際に鉛筆で描いたような線を使ってイラストを作り上げることで効果を高める事が出来ますし、イラストの中に利用する文字についても、鉛筆による手書きで書かれたような書体を利用する事でコンピュータを使って描く線とは印象が異なるものを作り上げる事が出来ます。

Copyright(c) 2016 パンフレット制作に必要となる面付けとは何か All Rights Reserved.