エンボス加工

エンボス加工を取り入れたパンフレット制作の利点

魅力を伝える事、伝える場合には解りやすく伝えることがパンフレット制作に求められますが、魅力を伝える手法と言うのは文章を読んで貰うだけではなく、写真やイラストなどを利用して読み手に対し優しいパンフレット制作を行う事が大切です。
パンフレットに書かれている文章を読んだけれども意味が伝わらない、何を言いたいのかが不明確と言ったパンフレット制作は無駄な費用を使うにすぎません。
また、パンフレットがラックなどに入れられている場合、顧客は表紙を見て持ち帰るかどうかを決める事が多く在る事、商品を選ぶ場合にパンフレットは利用されるわけですが、どのパンフレットを見るのかを決める場合にも表紙を見て手に取るパンフレットを決める事になる事からも、パンフレット制作における表紙デザインと言うのはパンフレットを見て貰えるかどうかを決める要素の一つとも言えます。

表紙デザインをどのようにすればパンフレットに興味を示して貰えるか、インパクトを与える方法はどのよう事なのかと考えた時に、エンボス加工を取り入れることで見る人への興味を惹きつけることが出来る工夫に繋がって来ます。
エンボス加工と言うと、銅板などに加工を施し、絵柄などを浮き出す加工技術になりますが、これは印刷の中でも可能な加工技術であり、パンフレット制作を行う中で表紙にインパクトを与えたい、今までは違ったパンフレット制作を行いたい時などにお勧めの加工手法です。
尚、エンボス加工と言うのは文字や絵柄などを浮き上がらせて、凹凸を作り出す印刷手法で、表紙などに加工を施すことで、立体的な表紙を作り出せるため、多数並んでいるパンフレットを見た人が興味を惹きつけることが出来るなどのメリットも在ります。

エンボス加工を行う印刷と言うのは、浮出し加工印刷とも呼ばれているもので、凹状の型、凸状の型の二つの間に紙を置いて、圧力を与えることで文字や絵柄を浮き上がらせることが出来る加工技術になります。
凹凸が出来るため、手で触れると一般的なパンフレットと違い、手触りに面白さを加えることが出来ると言った特徴も在りますし、刷色に金や銀などの色を使う事で表紙にインパクトを持たせることが出来るため、パンフレットを探す人に対しての関心を惹き付けるなどのメリットにも繋がりますし、エンボス加工を表紙に取り入れることで、パンフレットへの興味を惹きつけ、パンフレットの中で紹介されている商品やサービスへの興味を惹きつけやすいと言うメリットも在ります。

Copyright(c) 2016 パンフレット制作に必要となる面付けとは何か All Rights Reserved.