Archive for the ‘最近の投稿’ Category

チーフの作成

2016-02-02

パンフレット制作におけるモチーフの作成について

パンフレット制作は物を売る時に案内を行う目的で制作を行う印刷物ですが、会社案内も会社というものを顧客に案内を行う目的で作り上げる事からも、パンフレット制作と言う分野に含まれています。
パンフレットを何故制作するのか、ターゲットとなる顧客は誰なのかと言ったことを最初に決定をしてパンフレット制作をしていくことが大切です。
また、パンフレット制作を行った印刷物を顧客が目にした時、興味や関心を惹きつけられるかどうかで、商品が売れる、サービスが利用される、会社や学校の魅力や価値を伝えることが出来る事からも、パンフレット制作を行う印刷物に掲載される内容などについてのモチーフを使い、ターゲットとなる顧客の購入意欲や会社の魅力と言ったことを伝えることがポイントになります。

デザインを作り上げると言う作業は、一般的にはデザイナーが手掛ける事になるのが一般的ですが、デザインを作って下さいと言って作り上げることが出来るわけではありません。
パンフレットのコンセプトと言うものが明確になっていなければ、デザイナーはどのようなデザインを作れば良いのかが解りませんので、最初に行う事はコンセプトづくりと言う事になります。
顧客ターゲットを明確にすることで、自然とコンセプトは浮かび上がり、何を伝えるべきなのかと言う事も決まって来ます。
また、この中で何をモチーフにするのかも自然と決まるため、パンフレット制作では手順を考えて物事を一つずつ決めていく必要が在ります。

会社案内は営業マンにとっての営業ツールとして活用される印刷物になりますが、営業トークを行う中で会社案内は活用され、営業マンの話とともに会社のパンフレットとともに利用されるのが特徴です。
しかし、会社案内と言うパンフレットは営業マンがいない時にも配布が行われますし、営業マンは商談が終了した時点で会社案内を顧客に手渡すことになります。
そのため、会社の事を知って貰うためにも解りやすさと言う事が求められて来ます。
また、企業のコンセプトやブランディングを反映させたデザイン性を会社案内に反映させる必要が在り、デザイン性を創造していくためのモチーフが必要になります。
デザインのモチーフとなる要素や作成と言うのは、企業の業種、商品や製品、サービスと言ったイメージ、企業のビジネスモデルイメージ、ブランドイメージ、独自のスタイルや方向性などから設定し、作り上げていくことが可能になります。

Copyright(c) 2016 パンフレット制作に必要となる面付けとは何か All Rights Reserved.